ホーム > 自分でメンテ(ボディ編) > 2. スペアーキー


スペアーキー

難易度指数:1 キーカットはプロに任せましょう

皆さんはスペアキーをどの様にして調達されているのでしょうか? カギ屋、金物屋、ホームセンターの合鍵コーナーetc・・・
基本的にどれも汎用のキーで作成されます。しかし、日産のディーラーや部販で純正キーを注文できるのをご存知でしょうか。新車からついているキーに打刻してあるキーナンバーを控え、どのタイプのキーにするかを申し出れば、新品のキーを作成をすることができます(ただし、即日とは限りません)。一般の「合鍵作成」と大きく異なるのは、元のキーの磨耗度合いに関係なく新品の鍵山のキーが作成できるということです。ですからキーを紛失してもキーナンバーさえ判れば作成できます。一般の合鍵作成ならベースになるキーがないと大半はダメですし、磨耗したキーをベースにしてしまうと完成したコピーのキーも磨耗した鍵山となってしまうのです。

ただし、旧車用となるとまた状況が変わってきます。あまり古いタイプはディーラーでも手に追えず、ブランクキー(山のカット加工を施していない状態のキー)の入手が精一杯の場合もあります。

ここで、キーのタイプを大雑把に区別します。

採用期間 セドグロの型式 キータイプ 備考

? ~71年頃

30?~130&A30 片溝 6山 L溝、R溝2タイプ有
68年頃~ ? 130&HA30後期
230補修専用部品
片溝 5山 初期のステアリングロック専用
71年頃~83年頃 230~430 両溝 6山 L溝、R溝2タイプ有
83年頃~95年頃 Y30~Y32 両溝 8山 R溝のみ 
G50系(インフィニティ&プレジ)を除く
95年~ Y33~ 両溝10山 G50系(インフィニティ&プレジ)を除く

旧車と呼ばれるクルマのキータイプは6山タイプ。これらを中心に詳細をご紹介します。

 

1.片溝5山・片溝6山タイプ

セドなら130以前の場合はこのタイプです。6山では組み合わせ数を稼げない為に、溝の向きを逆にして2タイプにしています。キーを注文する場合は予めこれに注意する必要があります。

また、ステアリングロックが装着され始めた頃のクルマでは、エンジンキーはドアやトランクとは異なります。従って、1台のクルマに2本のキーを持たないと動かせないことになります。こちらは5山となっています。

右の画像はこれらのキーで、上から

  • ステアリングロック(エンジンキー)用  部品番号:KEY00-00028
  • ドア、トランク用 L溝 部品番号:KEY00-00201
  • ドア、トランク用 R溝 部品番号:KEY00-00202

となります。いずれも日産ではブランクキーとしての部品はオーダー出来ても、カット加工は不可。仕方ないので、カギ屋さんへ持っていって加工してもらいましょう。

そして、未確認ではありますが、ドア用はもう2種類あるようです。

右の画像は部品番号:KEY00-00202の先端部のアップですが、この「D」寸法が2通りあるそうです。画像のキーは「D」寸法0.8ミリで狭いタイプです。

おそらく130にはこの狭いタイプだけだと思われますが、他車ではD寸法で2タイプ、L・R溝で2タイプの合計4タイプある可能性があるようです。

片溝キーで判っていることはここまで。後は謎に包まれています(笑)

 

2.両溝6山タイプ

230から430までがこのタイプで、日産のキーとしては初の両溝(リバーシブル)となるようです。

新車時には左のようなキーで、やはりL溝、R溝があります。

これらのキーは残念ながら最近製廃となった様子で、入手することが出来ません。

また、両溝タイプを採用した車両でも、ステアリングロック(エンジン)用のキーシリンダを部品で購入すると、このタイプではなくなります。「1」で出た片溝5山タイプになります。

その代わり、現在入手できるタイプは右のようなタイプとなります。

上から

  • L溝 部品番号:KEY00-00055
  • R溝 部品番号:KEY00-00056

これならカットも合わせて注文することが可能です。部品番号とキーナンバー(打刻番号)を日産へ申し出れば受け付けてもらえます(大抵2本1セット)。

しかし、日産ディーラーなどで純正キーをカット加工込みで注文する場合、キーナンバーがわからなければなりません。これが判らないとカットが出来なくなるからです。一般の合鍵作成とは異なり、キーナンバーの判らないキーを持参しても意味がないのです。

キーナンバーは元の純正キーがあればまったく問題なし。アルファベット1桁+数字4桁の打刻がキーナンバーです(左上の画像)。

純正キーを紛失していてキーナンバーが判らない場合は、キーシリンダーの横っ腹にも打刻されていますので、これをメモっておきます。230などではキーシリンダが剥き出しになっている、フューエルリッド部が最も簡単に確認できる場所です。(左下画像)。

参考までにキーナンバーと対応キー部品番号をまとめると下表のようになります。

キーナンバー キー部品番号 溝タイプ
M5001~M6000
M7001~M8000
N1001~N2000
KEY00-00055 L溝
M4001~M5000
M6001~M7000
KEY00-00056 R溝

 

3.両溝8山タイプ

今もっともこのタイプのクルマが多いと思います。
キーナンバーは0001~8000までで、山は8000通りの組み合わせとなる為、L溝、R溝の区分はなくなりR溝に統一されました。なお、キーによっては数字4桁の頭に「X」か「Y」の打刻がある場合がありますが、山のカット加工にはあまり関係ありません。

また、80年代末からは柄の部分にオーナメントのようなマークが入ったファションキー、デザインキーなど、車種によってはさまざまなキーが設定されましたが、両溝8山タイプであれば車種を越えて作成することができます。たとえばY30にY32用のファッションキーが作成可能です。部品番号を調べてもらい、キーナンバーを申告すれば作成してもらえます。

純正キー紛失時のキーナンバー確認方法も基本的には両溝6山と同じですが、どこにもあるわけではなく、運転席のキーシリンダーのみとなり、更に打刻位置も本体サイドからアーム部となりました。
そしてそこには5桁の数字が打刻されています。うち一桁は関係ない番号ですが、あえて伏せさせていただきます。注文の際は「キーシリンダーに打刻してある番号を控えて来ました」と言って5桁すべてを申告して下さい。

 

4.両溝10山タイプ

95年6月発表のY33セドグロ以降にフルモデルチェンジされた車両(Y31等のマイナーチェンジを繰り返して継続生産している車両、OEM車、WC34ステージアを除く)はこの10山タイプ。
10山となったことで組み合わせ数は更に増え、「偶然同じキーのクルマが2台あった」などの指摘はほぼなくなりました(苦笑)

10山キーのキーナンバーの確認方法は8山以前と少し異なり、キー本体には打刻がありません。キーとは別にキーナンバーが打刻されたタグプレートがあって、それを読みます。これを紛失してしまうとやはり運転席キーシリンダからの確認となります。

 

 

一覧へ戻る