ホーム > 自分でメンテ(シャーシ編) > 2. サイドブレーキ調整


サイドブレーキ調整

難易度指数:2 A部は難易度3以上あります

1.調整部位

サイドブレーキを調整する場所は2ヶ所あって、ワイヤー伸び等で普段調整する場所B部ですが、ホイールシリンダを脱着した時や、アクスルシャフトベアリング交換した時などはA部の再調整が必要な時もたまにですがあります。
B部はチョー簡単、A部はハマルと厄介ですが、A部が調整不良となると、ブレーキシューの自動調整機構が正常に作動しないことがあります。

なお、最終的にサイドレバーを20kgで引いた時、ストロークが110ミリ(9〜11ノッチ)というのが、基準値です。

2.B部調整

右リヤドア付近から床下に潜り込むと、→の様なものがあります。10ミリのスパナでロックナット緩め、四角い部分(ターンバックル)を回転させて調整します。

3.A部調整

まず、後ろ左右両端のロッドを外し、B部のターンバックルを十分緩めます。
左の画像の様に、右側のロッドを引っ張って、ピンがちょうど入る位置に調整します。
右の図のFの長さを234ミリになるように、左のロッドを調整します。
ピン(まだ割りピンは付けない)とリターンスプリングをすべて取付け、サイドを数回作動させ、もう一度ピンを抜きます。スンナリ抜ければOK。変に突っ張っていて、そのままピンが再挿入できなければNGです。OKならB部の調整して終わりです。


上から見た図

 

一覧へ戻る