ホーム > 自分でメンテ(電装編) > 2. A/Cバキューム系統点検


A/Cバキューム系統点検(純正A/C付き車)

難易度指数:2 それほど難しくないです

純正エアコン仕様の車両では、風の吹出し通路の切替、ヒーターコック開閉、エアコン使用時のアイドルアップなどの制御をエンジンの吸気系で発生するバキューム(負圧)を使って制御しています。もしこのバキューム系統が死んでしまうと次のような不具合現象が起きます。

そしてこれらの原因を頻度順に挙げると

が考えられます。この中で最も多いホース切れの点検とマグネットバルブ点検&修理方法のご紹介をいたします。

1. バキュームホース点検

エンジンルームや室内グローブボックス周辺に直径5ミリの細いホースが這っています。
古くなってくると接続部に亀裂が入り、バキュームが漏れ出します。特にエンジンルーム内は元々屋外に近い環境で、なおかつエンジンの熱が影響して劣化が早く起こります。特に要チェック箇所は以下の部位です。





下の画像の部位(ダッシュとのジョイント部)はエンジンルーム内とはいえ比較的劣化が少なく、ホース切れはあまりありません。

しかし、過去の修理で誤接続されていることがあるので、作動がおかしければチェックする必要があります。
3本の順は上から、FICD、バキュームウォーターコック、マグネットバルブにそれぞれ接続されます。

なおこの部位のホースは一度抜くと、まわりのスペースが狭く接続が困難です。ホース内面に石鹸水かラバーグリース、レザーワックス等を塗布すると格段に作業性が向上します。

ホースに亀裂や裂けがあったらその部分を切り取ってしまいます。大抵1センチくらいで済むハズです。 ただ、全体が劣化していることは否めません。切れた部分を切り取っても、また後日再び切れてしまうことが多いので、出来れば交換した方が望ましいと言えます。
また、交換する場合は1本ずつにしましょう。一度に何本も抜いてしまうとどれがどれだか分からなくなってしまいます(汗)

〜〜 バキュームホース部品番号 〜〜
J2151−79919   \2000弱
*長尺物の為、必要な長さに切って使用します。

2. マグネットバルブ(M/V)

バキュームホースの切れはなく、バキューム漏れは考えられない。でもバキュームが室内に来ていないようだ、と言う場合はマグネットバルブ(M/V)が閉まったままの疑いがあります。このような場合は次のような点検を行います。